バイクカスタム

GPZ900Rの燃費はいくつ?

更新日:



走る距離が長くなればなるほど、燃費って気になりますよね。そこで本日は、GPZ900Rの燃費について紹介します。これから、GPZ900Rを購入したい人やオーナの方の参考になればと思います。

1.GPZ900Rの燃費は

カスタム内容や、走り方、走る場所、セッティングによって燃費は大きく変わってくるため一概には言えませんが、なんなくこんなもんかとイメージしてもらえればと思います。特殊なセッティングはしてません。途中で燃費を左右するキャブレターを社外品に交換しているため、それぞれ分けて記載します。また、燃料は共にレギュラーガソリンを使用しています。

➀ノーマルのキャブ時代(CVK34)

キャブレター本体は、ノーマルだったのですがパワーフィルター仕様にしていました。そのため、ノーマルのセッティングから多少変更していました。

下道のみ:17㎞/ℓ(街乗りと峠を含めた数字)
高速のみ:19㎞/ℓ(高速のみを走った数字)

➁カスタムキャブ時代(TMR36MJN)


キャブレターをノーマルよりも大口径のレーシングキャブレターに変更しています。2019年時の最新燃費は以下になります。

下道のみ:15㎞/L(街乗りと峠を含めた数字)
高速のみ:18㎞/L(高速のみを走った数字)

これが、燃費が良いのか悪いのか分かりませんが実績としてはこのような感じです。

2.まとめ

ノーマルキャブレターから、レーシングキャブレターに変更することによって若干ですが燃費が落ちる結果でした。レーシングキャブレターに変更して燃費が落ちる理由は、エンジンを回すことが楽しくなってしまうこととハイスロに変更しているためノーマルキャブ時代よりもアクセルを回してしまうからだと思います。参考程度ですが、ZZR1400がハイオクで15㎞/L前後、Z900RSがレギュラーで17㎞/L前後なので燃費に関しては現代のバイクと比べても遜色ない数値だと思います。

別の記事で紹介する予定ですが、このTMR36MJNキャブレターは非常に面白いキャブレターです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

-バイクカスタム
-, ,

Copyright© バイクと車のある生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。