バイクカスタム

GPZ900Rの17インチ化について

2019年4月20日



GPZ900Rの17インチ化についての記事になります。GPZ900Rを購入するとリアタイヤを純正サイズの18インチ(150/18インチ )のままにするか、社外のホイールで17インチ(180/17インチ )に変更するかについて、必ずオーナが悩みます。私自身も悩んだことがあり、最終的には17インチに変更しました。その時の体験談や変更した理由などをまとめてみました。

1.メリット

➀タイヤの選択肢が広がる

17インチ化の最大のメリットになりますが、タイヤの選択肢が広がることです。最近のバイクタイヤは各メーカ17インチを基準にして作られているため、正直、純正18インチのタイヤサイズだとまったくタイヤの選択肢がありません。とくにこだわりが無ければよいのですが、17インチ化してタイヤの選択肢を広げることは圧倒的にバイクライフが楽しくなります。タイヤの種類によって、グリップ感や乗り心地もまったく変わってきます。

➁量販店でセットタイヤを購入できる

タイミング際合えば、安くタイヤ交換をすることができます。ライコランドや二輪間ではセットタイヤの販売がされているため、安くタイヤ交換を行うことができます。フロント17インチでリアタイヤ18インチの組み合わせのセットタイヤ販売は見たことありません。恐らく存在しないので、前後17インチ化することでタイヤ代を安く済ませることができます。

➂軽量化

社外のホイールに交換することで、軽量化を行うことができます。ホイールの軽量化は、数値以上に体で体感することができます。クラッチを繋ぎ、走り始めた時から今まで乗っていたバイクとは別物になります。(笑)また、安定性も向上するため高速道路などを走った際の安定感も上がります。

➃燃費向上

軽量化することで、燃費の向上も見込むことができます。燃費の向上といっても、ホイールを交換しただけなので微々たるものかもしれませんが乗れば乗るほど大きいものになります。

2.デメリット

➀ショップ選び

GPZ900Rの17インチ化は確立された手法がありますが、なかなか一般のバイク屋では受け付けてくれません。技術や経験がいる作業なので、実績があるバイク屋を探すことが大変です。インターネットや口コミ、雑誌などを駆使して探しましょう。

➁金額が圧倒的に高い

最大のデメリットですが、17インチ化するための金額が圧倒的に高いです。17インチ化するために必要な物は以下です。

・車高調
・17インチホイール
・タイヤ
・チェーン
・スプロケット
・チェーンスライダー
・サスペンション※できれば交換したい

私自身が17インチ化した時には、前後のホイール交換とサスペンション、工賃合わせて40万円程かかりました。圧倒的に金がかかりますが、GPZ900Rが別物に変わります。(笑)

3.変更した理由

17インチ化することに決めた理由は、単純にカッコいいからです。社外のホイールを量販店に見に行った時に圧倒的に惹かれるました。また、スプロケットやタイヤ、サスペンションからのオイル漏れなど様々な交換部品が発生したため、思い切って全部交換してしまった方が後々楽になると考えたからでもあります。それだけ、今後もGPZ900Rに乗っていきたいという意思が強かったからでもあります。そうでなけれが、40万円もかけて足回りを交換できません。

18インチ

17インチ

 

4.まとめ

上記記載の通り、GPZ900Rの17インチ化は非常に金額や時間など体力がいります。そして、何よりも『今後も乗っていくぞ』という覚悟も必要になります。覚悟ができた人だけができるのがリアタイヤの17インチ化だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

-バイクカスタム
-, ,

Copyright© バイクと車のある生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.