バイクネタ

バイク乗りの年代別の特徴

更新日:

1.定年間近前後の初バイク組

いきなりハーレーやBMWのバイクを乗り回し、そこまで、スピードを出さずにゆったりとまったりと時間を楽しむタイプ。
思にツーリングをメインとし、風を感じながらバイクを乗ってます。
メンテナンスは、ディラーでキッチリとお金をかけてバイクを最高の状態にいつまでも保ちます。その変わりにちょっとしたトラブルに弱いです。

2.40~50才代のリターン組

当時免許事情などで乗れなかったZ2やCB750やハーレー、またはそれらを元ネタにデザインされた現代のバイクに乗ってる人。
いわゆる、少し昔の旧車を自分でメンテナンスをしながら乗るタイプです。
メカには強く、ちょっとしたトラブルだったら自分で解決します。バイクに乗るよりも、バイクを磨いたり触ったりするのが好きなタイプ。派手なカスタムよりも、純正パーツを好みます。

3.40~50才代の暴走族組

「規制前」「公認車検」など都合の良い世の中になり、
「旧車会」と称し白昼堂々と族車を騒音と共に乗り回す集団。
このタイプの人たちは自分でカスタムをするため、バイクに詳しい人が多いいです。
また、仲間意識が強く仲間のために体を張れる人が多いいです。強面だけど、内面は優しいです。

4.30~40才代のSS乗り

昔のNSRやTZR乗りやそれに憧れていた世代がそのまま歳をとり、2st250から4st1000にバイクを換えいつもの峠道へ。
このタイプの人たちは、運転技術がとても高く峠では速すぎる人が多いいです。
バイクを選ぶ際は、スペック重視です。
タイヤは、端までキッチリと使います。

5.20才代の新規バイク乗り

現代の若いバイク乗りは、どちらかというと当時少数派だったアニメオタクの子が多い。
ばくおんに影響された世代とも言えます。
走りメインというよりも、写真を撮るためやグルメを楽しむためにバイクに乗っているイメージ。
ファッションライダーと呼ばれます。

-バイクネタ
-,

Copyright© バイクと車のある生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。