バイク紹介

GSX-S125

更新日:

1.選んだ理由

GSX-S125を選んだのは、125ccのDOHCエンジンに魅力を感じたからです。私は昔2stの原付に乗っていたのですが、少ない力で一生懸命走ることが楽しくて仕方ありませんでした。GSX-S125を選んだのも、その乗り味を狙ってのことです。10000回転で15馬力を発揮するというスペックから見ても、それは明らかでした。

2.インプレ

GSX-S125は私の狙い通り、パワーを振り絞って走ることに特化したバイクでした。このバイクのエンジンは6000回転を超えたあたりから元気になり、レブリミットまでしっかり回ってくれます。そしてそこまで回してみても、15馬力とパワーが限られているため、全く恐怖心がありません。なので思う存分高回転走行を楽しめます。

130キロの軽量な車体も相まって機動力も高く、様々な道を軽快に、楽しく走ることができます。また、低回転域でも存外扱いやすく、街乗りが苦になることはありません。むしろ軽い分適しているぐらいです。本当に素晴らしいエンジンのバイクだなと思います。

次に気になる点をあげます。まず足つきが悪い点。身長165センチではつま先+α程度しか足がつきません。なのでたまに怖くなることがあります。信号待ちなどは片足がつければ問題ないので、最近では慣れて来ましたが。次に積載力が皆無な点です。荷掛けフックが二箇所しかなく、細いシートも相まって物が全く乗りません。荷物の積載には頭を使う必要があるでしょう。自分はとりあえずシートバッグを用いてカバーしています。


最後に、シフトペダルの見た目が安っぽいという点です。こういうのは殆ど気にしないタチなのですが、そんな自分でも少し気になるぐらい安っぽい見た目をしています。でも値段を考えてみれば妥当かなとも思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

-バイク紹介
-, , ,

Copyright© バイクと車のある生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.