ブログ

個人的に欲しい250CCのバイク

2019年4月21日

バイクって置き場所さえあれば、維持費が安いから複数所有し用途によって使い分けている人ってたくさんいますよね。僕自身も、一時期GPZ900RとKDX125とZEHERχと3台のバイクを同時に所有していました。とくに使い分けるために所有していたのではなく、自然と集まってきて増えていった感じです。現在はZEHERχは手放してしまい、KDX125CCはエンジンを壊してしまったのでGPZ900Rのみを所有しています。しかし、やっぱりセカンドバイクが欲しいという思いは常に片隅にありました。

1.250CCのバイクが欲しい理由

都会の大渋滞の中をGPZ900Rで走るのは厳しいですし、街乗りという面では少々車体が大きいと感じる事が大きかったのが理由です。長距離ツーリング用のバイクと実用的にラフに乗れる250CCのバイクという組み合わせが一番理想的という答えがでました。ファミリーバイク特約という制度を使うために125CCという選択肢もありますが、少々パワーが足りないので250CCは欲しいところです。(KDX125CCは十分なパワーがありました)400CCまでいってしまうと、車体が大きくなりすぎてしまうので250CCとう選択肢がベストというところで答えがでました。そこで今回は個人的に欲しい250CCのセカンドバイクという題材で記事を作成しました。

個人的に欲しい250CCのセカンドバイク

欲しい250CCの旧車などもたくさんあるのですが、今回は『街乗りするために欲しいバイク』という観点で記載しています。

KLX250

今まで、購入したバイクは全てKAWSAKIだったためまずはKLX250を出させていただきました。以前にKDX125というフルサイズの2ストバイクを乗っていたため以前からKLX250には興味を持っていました。このKLX250は、軽量パワフルな2ストが全盛の時代にあえて4ストでレースに参戦したため、「闘う、4スト。」と呼ばれていました。他社と違うことをするのが得意なKAWASKIらしいバイクで気になる一台です。人気のバイクで球数が少ないため、全体的に中古相場が高めなところがマイナスポイントです。

Dトラッカー

Dトラッカーについて、以前KDX125を乗っていたため選出させていただきました。Dトラッカーといえば、モタードの代名詞ですよね。一度、友人のDトラッカーに乗せていただいのですが、加速性能や操作性なども十分だなと感じました。Dトラッカーはカスタムベースの車両としても人気があるため、購入したらFCRやブレンボのキャリパーなどを装着してみたいと思いました。また、車高が全体的に高いため足つきが厳しいので購入する際は車高調が必要だなと感じています。球数もそこまで多くないですが、KLX250よりは比較的購入しやすそうです。

セロー



言わずと知れた250CCのオフロードの代名詞セロー。セローとは、カモシカという意味です。KAWASAKIのバイクしか購入したことありませんが、常に気になる存在です。初心者から、ベテランライダーまで愛されている一台といっていいのではないでしょうか。旅バイクといったら、セローですよね。中古相場も球数が多いいため、安いです。誰でもこれを買っとけば間違いないという一台だと思います。

WR250

WRといえば、オフロード最強と言われているほど性能が非常に高いバイクです。『オフロード界のYZF-R1』と言われるほど超高性能バイクです。人気があるため、中古相場が非常に高いところが悩みどころです。

まとめ

こうして自分の欲しいセカンドバイクを書き出してみると、オフロードよりだなと思いました。普段GPZ900Rに乗っているため、カウル付きのバイクよりもカウルが無くラフに使えるオフロードバイクがセカンドバイクとして相応しいと思いました。購入はもう少し先になりますが、納得いく一台を手に入れたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

-ブログ
-

Copyright© バイクと車のある生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.