ブログ

富士スバル太田店へドライブ_TC380(11月3日の記録)

2018年11月4日


今日は富士スバル太田店にドライブに行きました。実はこの群馬県太田市には、SUBARU群馬製作所本工場があり乗用車のレヴォーグやインプレッサ、XV、WRX、BRZを生産しています。そんなスバルのお膝元である太田市の富士スバルに行ってきました。今回の目的は、この富士スバル太田店で開催している5周年祭に参加するためです。午前中に会場についたのですがやるきのあるスバル車(GDBやVAB、BRZ)で溢れてました。いい音を響かせて駐車場に入ってくるので目がいっちゃいますね。改めて、マフラーはいい音のするものを選ぶべきだと思いました。(笑)冗談ですが会場の駐車場を徘徊するだけで満足でした。

1.目的

今回、このイベントに来たのは目的がありました。それは、50台限定のWRX STI TC380を見学するためです。詳細に関しては以下参照。

TC380の概要

富士スバルは、世界ラリー選手権(WRC)や全日本ラリー選手権(JRC)などで活躍する日本を代表するラリードライバー新井敏弘選手監修のもと、新井選手が競技フィールドで培ったノウハウを新車カスタマイズにフィードバック・実用化したカスタマイズカー「WRX STI TC380」を50台限定で発売いたします。

●主要カスタマイズ情報(ベース車:WRX STI)
・HKS製 GTⅢ RS SPORT TURBINE KIT
・HKS製 Super Turbo Muffler
・HKS製 METAL CATALYZER
・アライモータースポーツ社製 フロントメンバーブレース
・アライモータースポーツ社製 RQAエアーフィルター
・TC380専用RECAROスポーツシート(シリアルID付)
・TC380専用カーボンリップスポイラー

●販売計画
限定50台(受注期間:2018年11月3日~)

●希望小売価格
4,965,840円(消費税込)
引用:富士スバル

TC380の写真

外装はVABとそこまで、変化はありませんが専用のTC380エンブレムやシートに刺繍がしてあるなどさり気なさを出していてカッコいい作りをしています。専用のシリアルナンバーは刻まれている点もかっこいいです。エンジン内部はVABとそこまで変わりませんが大きな変更点は、MHI社製のタービンが入っていることです。このタービンを入れることで高出力を実現でき下からでも吹き上がるようなレスポンスを実現しているそうです。

WRX STI NBR Challenge2016

今回の目玉は、上記のTC380でしたがもう一つすごい車両がありました。それは、WRX STI NBR Challenge2016です。実物はとんでもなくかっこよかったです。

とくにこのリアウイングとミラーは私のGDBに取り入れたいと思いました。カーボンはやっぱりかっこいい。。

2.まとめ

全体的にたくさんのスバル車を見れて良かったです。駐車場に止まっていたスバル車のカスタムを参考にしたり、出店ブースにあったカスタムパーツも欲しいものがいくつかありました。ネットだけ情報を得るのではなく、実物もちゃんと見ないとダメですね。。今後もGDBを乗っていきたと思いましたが、VABも欲しくなった1日でした(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

-ブログ
-, ,

Copyright© バイクと車のある生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.