ブログ

車のインロック解錠(キー閉じこみ時の鍵開け)。悲劇は急に。。。

2019年2月18日


インプレッサを購入して、初めてロードサービスというものを使いました。車をぶつけたり、故障した訳ではないのですが悲劇は急にやってきました。(笑)

インロックやらかした

車のバッテリーを作業のためマイナス側を外していたのですが、元に戻すために、キーを指したままボンネットを開けてバッテリーのマイナスを繋いだ瞬間にインロックしてしまいました。完全に不注意でした。。スペアキーが無かったため、任意保険の会社に電話したらロードサービスで対応して頂けることに。ロードサービスのため、等級は変わらないそうです。GDBインプレッサは、任意保険料が非常に高いので等級が上がらなったことは不幸中の幸いでした。電話をしてから、1時間程で担当の鍵屋さんが到着しました。

解錠

GDBインプレッサの初期型はイモビライザーや鍵が特殊ではないので、僅か5分で鍵が開けられてしまいました。早く解錠できたことは嬉しかったのですが、セキュリティに対して不安が残りました。また、鍵穴を確認してもらったところこじられた跡があるとのことでした。
さすが、盗難の標的にされやすいインプレッサ。。今後を考えさせられました。。。インロックで鍵の解除を行うためには、だいたい1万前後が相場らしいです。そのため、ばか高いインプレッサの任意保険に加入しておいてよかったです。任意保険加入は当たり前ですが。。(笑)

原因

マイナス端子を外す前の最後の状態つまり施錠している状態を記憶しており、マイナスを繋ぎ回復した途端に最後の状態に戻すためにシステが勝手に施錠したことが考えられます。

対策

車から離れる際は、必ず鍵を身に着ける。これに限ると思います。今後は、気を付けていきたいと思います。また、何かあった際のためにスペアキーは作成しておきましょう。今回のミスは、とてもよい教訓になりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

-ブログ

Copyright© バイクと車のある生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.