ブログ

インプレッサ(GDB丸目)の維持費について

2018年3月21日


インプレッサ(GDB)の車検をしました。自分への整理と今後インプレッサ(GDB)に乗りたい人向けへ維持費等を整理しました。参考になればと思います。2019年1月現在の所有歴は2年になります。
※細かくは記載していません。凡そ年間でこのくらいの費用がかかって、いくらあれば楽しく走って維持できるのかを記載しています。

大体の内訳になりますが、以下になります。

1.車検

2年毎に以下の費用がかかります。

①税金
75000円くらいが税金等の費用

②整備費
24000円くらいが整備費になります。
※今回は故障個所等ありませんでした。
オイル交換やブレーキフルード交換全体点検等入っています。
故障個所があればその分+αになります。
1年間あたりの費用:99000円÷2年=44500円

2.自動車税

1年毎に以下の費用がかかります。
GDBの排気量は1.5リットル超~2リットル以下になるため45400円になります。
新車登録から13年以上(ディーゼル車は10年)経過すると、自動車税が15%ほど割増になるため39500円(通常)×1.15(13年経過の加算分)=45425円になります。
環境への負荷が小さい車に優しく、負荷が大きい車に対して厳しい日本特有の課税システムです。(笑)今後ますます非エコ車に対して厳しくなってくることが予測されます。
1年間あたりの費用:45425円

3.任意保険料

毎月以下の費用がかかります。
※金額に関しては、年齢や等級などで個人差が一番出る部分です。
27歳の7等級で車両保険(限定)、対人、対物が含まれており10470円です。
最初は6等級スタートで何もなければ上にあがっていきます。
※会社の福利厚生で安く済んでます。
25歳の時に、車両保険(一般)をつけて見積もりを出したときに月額44000円という恐ろしい数字を出しました。(笑)保険の年齢条件を26歳以上保障にすると大幅に安くなります。
また、GDBは盗難率や事故率が非常に高いため車両保険の金額が最高ランクの設定になっています。そのため、車両保険をつけなければ大幅に安くすることができますが、盗難率が異常に高いため悩ましいところでもあります。正直、20代前半の若い人がこの車両保険を払っていくのは難しいものがあると思います。しかし、以下の方法を使えば若い人でも維持できるのではないかと思います。
※必ず任意保険には加入し、対人・対物は無制限にしてください。相手に危害を加えてしまったら人生を棒に振ります。

①親から等級を引き継ぐ
両親と同居している場合のみ使用できる制度になりますが、両親から自動車保険の等級を引き継ぐことができます。
両親の自動車保険の等級が高ければその分、割引を受けることができます。
最大である20等級になると割引率が最大63パーセントになるため車両保険を付けたとしても現実的に保険料が支払える金額になります。

②車両保険をつけないで割切る
車両保険をつけなければ、大幅に自動車保険を安くすることができます。ただし、必ず対人・対物は無制限の保険にしてください。
GDBは盗難率が高いため、盗難対策を必ずしてください。

1年間あたりの費用:10470円×12カ月=125640円
1年間あたり:125640円
1カ月あたり:10470円

GDBインプレッサの保険を更新した際の状況は以下の記事を参照してください。
GDBインプレッサの保険料更新

4.その他の費用

①オイル交換
6000円×4回=24000円

②バッテリー交換
6980円

➂スタットレスタイヤとホイール購入(中古)
50000円

➃サマータイヤの交換
62000円

5.まとめ

月額にすると大体、24600円くらいかかっている状況です。ガソリン代金や駐車場等の費用は含めていません。走行距離や駐車場代の有無もありますが、ガソリン代やメンテナンス代(タイヤ・オイル)を考えて、月40000円くらいあれば、楽しくドライビングして無理なく維持できるのではないかと考えます。ちなみにですが、私の場合燃費はリッター8キロ前後です。GDBはハイオク指定のため、ガソリン代が少々お高く燃費も悪いです。(笑)

最後になりますが、GDBインプレッサは楽しい車でます!ターボの加速が半端なく、コーナリングの安定性もピカイチです。普通車と比べたら、お金はかかりますがそれ以上に喜びと感動を与えてくれるのは間違いありません!

このエントリーをはてなブックマークに追加

-ブログ
-, , ,

Copyright© バイクと車のある生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.