ブログ

久しぶりのNINJAツーリング

2019年4月20日



1カ月程ぶりにバイクに乗ったような気がします。数年前までは、毎月1000㎞ほど走っていって年間走行距離は10000㎞を超えていたのですが、最近は仕事が忙しかったり他の趣味があったりと思うように走れないことが多くなったような気がします。

若いうちはできたことが、歳をとるにつれてできなくなるということはこうゆう事かと思いました。走る回数が少なくなったり、走行距離も以前と比べて減りましたがバイクが好きだという気持ちは変わらないので暫くはゆっくりとしたペースでバイクと触れ合って行きたいと思います。

桜を観に走ってきた

ということで、久しぶり革ジャンを着てブーツを履いてgpz900 に乗って少し遠くまで走ってきました。久しぶりにエンジンをかけたのですが、ちゃんとかかってよかったです。gpz900はよく色々な物が壊れるとか、熱対策が必要とかいろいろと言われますがそんなことはありません。確かに年式が古いため消耗品の交換はいろいろありますが、そこまで何かが壊れるということはありません。エンジンも、車体も基本的には頑丈な分類に入ると思います。

水温に関しては、夏場はガンガン上がって常にファンが回りっぱなしになります。(笑)水温は軽く100度超えます。。そのため、ラジエターを少し大きな物に変えていたりします。カスタム内容については、別の記事で紹介します。とりあえず、キャブのセッティングはずれていましたがエンジンは好調で前に走り出すことができました。(笑)

久しぶりにバイクに乗ると、風の匂いとかエンジンの鼓動などを体でダイレクトに感じることができるためすごくワクワクしますね。このワクワク感を感じなくなったらバイクを降りてしまうと思います。(笑)とくにGPZ900のエンジンは振動が大きいため乗ってるぞ感が高いです。コーナでブレーキングをするタイミングやバイクの走る感覚が掴めずギクシャクしたツーリングになってしまいましたが非常に楽しかったです。

ツーリングは、高崎観音を超えるルートで群馬県の甘楽の方まで行ってきました。基本的に車で走りに行くときもバイクで走りに行くときも観音山基準です。(笑)

ツーリングの途中で咲いていた桜が綺麗だったので、写真を撮影したりゆっくりとした時間を過ごせました。NINJAと桜って、日本の象徴みたいなもので『和』という感じが非常にいい味を出していると思いました。

まとめ

今年もNINJAに乗って、桜を観れて本当によかったと思いました。桜を観るよりも今年もNINJAに乗れたことが幸せだと思いました。それだけ、NINJAに愛着があるしこれからもできるだけ長く乗っていきたいと思いました。次は、GWあたりに東北まで走りに行けたらいいなと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

-ブログ

Copyright© バイクと車のある生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.