ブログ

2019年10月1日から自動車税の税率が引下がるかもって知ってた?

投稿日:



この記事については、不確定要素が多いいのであんまり信用しないでください。車の税金が、もしかしたら安くなるのかもと思っていただければと思います。

2019年10月1日に消費税が10%への増税されることは知っているかもしれませんが、増税に伴い来年度自動車税率の引下げ(恒久減税)を実施する見込みとなっていることって知ってましたか?

1.自動車税の引き下げ

正式には決まっていないみたいですが以下のように引き下げられる予定みたいです。
0.66リットル超~1リットル以下   4,500円減税
1.0リットル超~1.5リットル以下 4,000円減税
1.5リットル超~2.0リットル以下 3,500円減税
2.0リットル超~2.5リットル以下 1,500円減税
2.5リットル超~          1,000円減税

ちなみにですが、全排気量で自動車税が引き下げられるのは、制度創設以来はじめての出来事みたいです。確かに毎年税金が上がることはあっても、下がることはなかったような気がします。

増税することによっての、新車販売台数の落ち込みを食い止めるみたいですが、こんな微々たる減税では歯止めはかからないと思います。ちなみにですが、財源は、エコカー減税の対象車種を絞り込むことによって捻出するみたいです。

2.自動車取得税

現在、車を購入すると自動車取得税がかかります。たとえば新車だと取得価額の3%(軽自動車と営業車は2%)かかるこの税金が、消費増税後は廃止される予定です。

これに代わって、購入車の環境性能に応じて本体価格の0%~3%の燃費課税(環境性能割)の導入が予定されています。環境性能割ってなんですかって感じですよね。。(笑)

3.まとめ

もはや税金が多すぎて理解不能です。(笑)エコカー減税や、重量税、自動車取得税などもはや、ありすぎて不明ですしどんだけ税金取られてるんだよって感じです。(笑)

車を維持することは本当に大変だと痛感しました。地方では、車がないと生活ができません。生活になくてはならないツールなのに、税金を取りすぎていると感じます。私個人の願いとしては、制度が複雑すぎるため車の税金制度全体を見直すべきだと思います。

-ブログ
-

Copyright© バイクと車のある生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。