車カスタム

GDBインプレッサのタイヤ交換

2019年4月18日


4月も半ばになったので、GDBインプレッサのタイヤをサマータイヤに戻しました。

まだ、山には雪が残っていますが道路が凍結することはもうないので、思い切ってサマータイヤに戻すことにしました。

以前サマータイヤとして使用していたミシュランのパイロットスポーツ2ですが、溝が少なくヒビが入ってきていたのでYOKOHAMAのADVAN Sport V105にしました。

タイヤ交換

タイヤをインプレッサに8本積載した話などは、以下の記事を参考にしてください。

インプレッサのタイヤサイズ

GDBインプレッサ丸目のタイヤサイズは、225/45R17 91Wを使用しています。

待ち時間

実際にタイヤを交換するために、前週にショップに持ち運んでいました。

ホイールからタイヤを外して、新規のタイヤをはめ込んでバランスをとるだけで2時間ほどの作業時間がかかるそうです。

待っていられないので前週にタイヤとホイールを預け、事前に組み込んでもらうことによって30分ほどの待ち時間で済ませました。

工賃

タイヤを持ち込んでの交換なため、多少工賃が割り増しなため10000円ほどでした。(笑)

タイヤの処分費用も入っていたので正直、かなり破格な値段だと思います。

生活費を削ってバイクと車を維持している自分にとっては本当にありがたかったです。

ADVAN Sport V105のインプレッション

ロードノイズ

ミシュランタイヤや、スタットレスタイヤしか使用したことないので詳しい比較などはできませんが、まず感じたのはロードノイズが静かだということです。

パイロットスポーツ2を使用していた時は、古かったせいもあるのですが非常にロードノイズが気になっていました。

しかし、このADVAN Sport V105は非常に静かです

走りの味

走った感想ですが、少し硬いと感じました。

タイヤを交換する前までスタットレスタイヤを使用していたため、余計に硬く感じでしまったせいもあると思いますが全体的に少し硬いと思います。

しかし、変なよれた感じとかはしないのでコーナなどでは安心して踏んでいけます。

個人的には、非常に好きなタイヤの乗り味です。

まとめ

ネットショッピングで購入した製造年月日の古いタイヤでしたが、非常に満足のいくタイヤでした。

値段と性能を考えても、非常にコストパフォーマンスのいい、納得のいくタイヤ選びができたと思います。

スタットレスタイヤだったら9月に購入することや、冬の時期にサマータイヤを購入して保管しておけば結構お得にタイヤを購入することができるので、事前に調べてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

-車カスタム
-, ,

Copyright© バイクと車のある生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.