ツーリング・ドライブ

妙義山

2018年2月5日

妙技山について

群馬の4大山脈の一つある妙技山を紹介します。頭文字Dでは、妙義ナイトキッズのリーダーである中里毅のホームコースで有名ですよね。余談ですが、妙技山には実際に中里という地名があり、私の勝手な考えですが作者は地名から名前をつけたのではないかと思います。余談ですが、中里毅の愛車はBNR32スカイラインGT-R V-specIIというモデルです。藤原拓海とのバトルで言った「リアサイドについてるRのバッジは不敗神話のRだ」という名言が個人的には好きです。

コースについて

妙義山の紹介に戻りますが、タイトコーナが多く走るのが面白いのですが路面状態はとても悪いです。道路の左右が深い木に覆われているため、葉っぱや枝などが沢山散乱しているのでバイクで走る際は転倒に気を付けて下さい。チャッターバーの設置やブラインドコーナになっているポイントが多く、車線が片側1車線のため追い抜きをするポイントが限られます。無理な追い抜きは避けて下さい。
【コース】

休憩場所

頂上には広い無料の駐車場があり、よく車やバイクのミーティングで使われています。車やバイク好きの集まるスポットで気さくな人が多いいので様々な方と交流できます。「綺麗にメンテナンスされてますね」などと声をかけてみてはいかがでしょうか。きっと楽しいひと時を過ごせると思います。駐車場には売店やトイレ、自販機もあるので休むことができます。
【駐車場】

観光スポット

駐車場から少し歩くと日本一のだいこく様のある中之嶽神社に行くことができます。中之嶽大国神社に祭られている神様はだいこく様です。このだいこく様の縁日が甲子(きのえね)の日ということで別名「甲子大国神社(きのえねおおくにじんじゃ)」ともいいます。このだいこく様は高さ20メートル、重さはなんと8.5トンもあり平成17年(2005年)に製作・奉納されました。病や厄、悪霊を祓い福を招くと言い伝えられおり、やる気や元気がでるパワースポットとして有名な場所でもあります。また、だいこく様の縁日が甲子であるため野球の神様としても有名です。余談ですが甲子園球場も甲子の年に完成した為、甲子園球場と名付けられました。目印は、鳥居で駐車場から見える場所にあります。

少し歩くと飲食店があり、ラーメンやうどん、アイスなどを食べることができます。

中之嶽神社の社殿へと向かう階段はとても急で大変です。無理はしないようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

-ツーリング・ドライブ

Copyright© バイクと車のある生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.